ミズキ、生還!!

10/21 10:51
(全写真、クリックすると拡大されます)

201310211051


といっても、
閉じ込められていたのを一日で見つけ出しただけですが。w

昨夜戻らなかったので、
零時過ぎに外に出て拍手(注)しながら呼びかけると、田んぼの向こう、遠くからミズキらしき鳴き声が。

(注)
いつも手を叩きながら名前を呼ぶと、ねこ達が三々五々戻ってきます。

10:52

201310211052


自宅前に広がる田んぼの向こうから聞こえてきたような気がしたので、
懐中電灯を持って出かけ、田んぼの中ほどの道で呼びかけると返事なし。

自宅に戻り再度手を叩くとまた鳴き声が。
なので、もう一度出かけましたが、やはり返事なし。

午前1時前ということもあり捜索を断念、

10:53

201310211053


今朝ほど田んぼ向こうの民家付近まで探しに行きました。

が、返事なし、
田舎とは雖も周囲の音がうるさいので引き上げ、夕方17時ごろ帰宅し探しに出かけました。

気の早い住民が台風に備えて戸締りし、もしかすると閉じ込められてしまったのかもしれない、
と、朝よりも捜索範囲を広げてかなり念入りに呼びかけながら歩きましたが応答なし。

10:54

201310211054


自宅に戻り、まさかな、と思いつつ、
念のため、自宅前の、いつもねこ達が遊んでいる道路を挟んだ空き地の倉庫まで行ってみることに。

雨に濡れた膝まで届く草の中をようやく辿り着き声をかけると、
中から「にゃお~ん、みゃお~ん」と雌らしからぬ野太い鳴き声が。

10:56

201310211056


灯台下暮らし、とはこのことですね!ww

3つの窓は鍵がかかっているし、入り口のシャッターもビクともしない、
というわけで、その空地を管理しているシルバーの方宅へ。

田んぼを隔てた、私の自宅と反対側に位置する家をお邪魔すると、
今朝ほどの私の捜索のことをわかっていらして、話が早かったです。

10:57

201310211057


聞けば昨日草払いをされ、その間シャッターが開いていたようで、そこからミズキが入りこんだみたいです。

早速、鍵を借り引き返し、中に入ると、
木材の山の中からミズキの声が。

でも、出て来ません!

10:57

201310211057b


もしかして木材に囲まれ出られないのではないかと思い、懐中電灯を取りに戻り、
再度、草をかき分け近づくと、

ミズキが勢いよく外へ走り出て行きました。
声をかけても無視!!

もしかすると、私が閉じ込めた、と誤解したのかもしれません。
かなしい...ww

11:58

201310211058


で、草をかき分け自宅へ戻ると、すでに中に入ってました。
早速、カリカリを差し出しましたが、あまり食べなかったところをみると、まだ、興奮状態だったのかもしれません。

ミズキ、事務所へ戻る際にまた外に飛び出していきました。
閉所恐怖症になったのかも?w

10:59

201310211059


でもまあ、見つかってよかったです。
静かな集落を、夜、手を叩きながら「ミズキ~」と呼びかけながら歩くのはさすがに気が退けます。

恥ずかしいやら情けないやら。w

やれやれ


ミズキの瞳の色、光の具合でグレーからブルーに微妙に変化します。
「瞳だけ」色補正してるわけではありません、念のため。w